老人ホームにも様々な種類があります!!老人ホームの種類と特徴を紹介!!

ケアハウスで自立した介護サービスを

最近ではテレビや雑誌、書生など様々な場面で、介護について話を聞くようになりました。長寿国の日本は年々、介護のニーズが高まっていき、介護サービスについての情報が行きかっています。この記事では、多くの方が気になっている「老人ホーム」の種類や特徴について紹介します。老人ホームを利用するといっても、一人である程度のことはできる方もいます。そんな方には軽度の介護サービスを利用することができるケアハウスがおススメですよ。

有料老人ホームの特徴

子供が同居していない場合や近くに住んでいなくて力を得ることが難しい、また、周りに頼る人がいなくて困っている高齢者も多いと思います。そんな自宅で介護をすることができない方のためにあるのが「有料老人ホーム」です。有料老人ホームは居室の全てが個室となっており、全ての介護を施設で見てもらうのが特徴です。有料老人ホームでは季節の行事や認知症予防の遊びなどを取り入れ、楽しく過ごせるように工夫をしている施設がほとんどですよ。

老人保健施設の特徴とは

老人ホームには目的によって様々な種類がありますが、リハビリを目的とした施設の一つに「老人保健施設」というものがあります。老人保健施設はリハビリを中心とした施設であるため、入所期間が短く、施設でリハビリを終えたら自宅に戻ったり、他の施設へ移るために利用する人がほとんどです。医学的な管理のもとで診てもらうことができますよ。自宅で過ごすために、自分で自立して動くことができるようになりたいという方にとてもおススメですよ。

川崎市の老人ホームは常駐のスタッフが存在しているので、問題が発生した場合に直ぐに対応してくれて安心です。